手のひらいっぱい

ケミカルピーリング用の石けんの中には、顔の古くなった角質層を取るだけでなく、にきびができないよう皮脂汚れ落としにもいいようです。
新陳代謝が盛んなためににきびがなかなか減らないという人にも向いています。
手のひらいっぱいの弾力性のあるあわを作って洗顔をすることがケミカルピーリング石けんのコツです。
ケミカルピーリングは洗浄力が強いので、指で顔の皮膚をこすりすぎると角質を傷めてしまうことがあるそうです。
ケミカルピーリング石けんによっては泡が上手にできないこともありますが、基本は泡で汚れをくるんで浮かせることです。
手軽に泡を作れるネットなどを利用して、ケミカルピーリング石けんでたっぷりした泡を作ることで、肌に負担の少ない洗顔ができます。
デコメ
コミック


肌に負担の少ない洗顔